~ラデュレに憧れて~

パリで結婚式 8 パリ アメリカン・カテドラル挙式当日 結婚式挙式編

      2016/02/07

アメリカン・カテドラル到着

ホテルから10分程度で到着です。車内では花嫁がかわいいかわいい褒められたり和やかな雰囲気でした。

いよいよカテドラルに到着。

img_091

見た目はパリらしいというか、路地によく溶け込んだ古びた協会のようでした。

観光地ではなく、パリ在住のアメリカ人の方々が実際に使用している教会なので当然といえば当然ですが。

さっそく中に入って、リハーサルに入ります。

その前に本日お世話になる牧師様にあいさつし、牧師様から教会の説明を受けます(フランス語なのでプランナーさんが通訳してくれました)。

リハーサルといっても歩く練習と、前日に聞いていた流れのおさらいだけですのですぐ終わりました。

パイプオルガンと長いバージンロードで厳かに挙式スタート

最初にパイプオルガンの音にびっくりしました。きれいな音色ですが、とにかく音が大きい。スケールの大きさを感じました。

練習で歩いたとおりに歩き、マリア様の前へ。

牧師様がフランス語で聖書を読み上げてくださいました。

私達のすることは「誓いの言葉」の読み上げと「誓いのキス」くらいです。

誓いの言葉はもちろん日本語でしか言えませんので、プランナーの方が日本語でささやいてくれますのでそれに倣って言いました。

牧師様からの愛の誓いへの返事はオーソドックスに日本語で「はい、誓います。」でもいいし、「Yes,I will.」でも良いと言われました。

英語かっこいいなぁと思ってましたが普通に日本語で答えてしまいました(笑)

img_095

一通りの儀式を終えたら、結婚証明書にサインし、シャンパンでお祝いしました。

証明書を書くときに、仲間たちが見守ってくれてました(笑)

シャンパンはおいしそうだったので飲みたかったのですが、確実に顔が赤くなってしまうのでその後の写真映りを考えてやめておきました。

img_135

img_166

お祝い後は、少しポーズをとって写真撮影しました。

教会内での撮影ももちろんありましたが、教会の外に出て、お洒落な写真も撮影しました。

みなさんそうなのかもしれませんが、見つめ合ってという指示が多くてかなり照れました(笑)

ビデオ撮影もしてもらいましたので、挙式の映像は完全版とダイジェスト版でいただくことができました。

撮影後、少しの休憩を経てフォトツアーへ

撮影後、1時間あるかないかの休憩があり、フォトツアーへ備えます。

休憩といっても新婦はヘアセットの切り替えがあるので、そちらに力を注ぎます。

ヘッドアクセを何種類も使いたかったので、ヘアセットもけっこう変える必要があり大変でしたが、挙式時とはイメージが変わって、さらにキュートになりました!

新郎はフォトツアーで使う小道具の準備です。

img_181

お昼ごはんは、買っておいたパンをほおばって空腹を満たしました。

シンデレラ馬車のお出迎え パリ市内のフォトツアーへ

名残惜しさもありながら、教会をあとにしてフォトツアーへ向かいます。

外に出るとシンデレラ馬車がお出迎え。

ドキドキしていたお馬さんの毛色も白!!よかった!

パッカパッカと蹄の音が聞こえ、かっこいいー

かぼちゃの部分に乗り込み、ビデオさんたちに別れを告げ、いざ出発です。

フォトツアーの模様は次の記事で。

img_187
がめ

 - パリ挙式, ヨーロッパ ハネムーン