~ラデュレに憧れて~

パリで結婚式 6 ル・ムーリスに泊まる 挙式前日の打ち合わせ

   

パリ最高級ホテル「ル・ムーリス」へ移動

今日は朝からホテルの移動です。

パリから出るわけではないのに、なぜホテルを移動するのか…と思われる方もいるでしょう。

そこにはパリ挙式のシステムが大きく関わってきます。

なぜホテルを移動するのか?その理由は…

パリで挙式をする場合、挙式会場の教会に着替えたり準備する場所というのは基本的にありません。

ですので、着替え・ヘアーメイク等は泊まっているホテルで行うことになります。

つまり、挙式のスタートはホテルから。写真撮影もホテルからということになります。

せっかく写真に残るのでしたら、見栄えの良いパリらしい格式のあるホテルに泊まろう!ということで最高級ホテルへ泊まるのがベストだと私は思います。

ここで問題となってくるのが費用です。

パリで最高級のパレスホテルに泊まろうとすれば時期や部屋のグレードにもよりますが1泊10万円はかかってしまいます。

もちろんパリに到着してからずっと最高級ホテルに泊まれればそれが最高なのですが、費用面でちょっと…となったときに使うのが今回、私達が行った方法です。

挙式前日までリーズナブルなホテルへ宿泊 前日と当日は最高級ホテルへ

ホテルを移動することで費用をできるだけ抑え、無理なく最高級ホテルへ泊まることができます。

私達はショッピングや観光を主にして、ホテル滞在時間が短いと思われたのでなおさらこの方法で費用を抑えるのが効果的でした。

ホテル移動後 パリ市街地でショッピングへ

朝、タクシーを使ってホテル間を移動しました。

ホテル「ル・ムーリス」はパリの老舗ホテルでパレスホテルの名のとおり重々しい感じがひしひし伝わってきます。

この日はたまたまマリの大統領が来るとかで黒人の方がかなりいました。

少々チェックインに時間がかかってしまいましたが、なんとか無事にチェックインできました。

コーヒーとか出されたけど、高そう…お金とられたのかな?とか心配してました(笑)

DSC00490

荷物を置いて、すぐに街へ繰り出しました。

有名モンブランの老舗 アンジェリーナへ

DSC00669

パリに本店があるアンジェリーナ。大阪ですと伊勢丹の1階にモンブランが売っています。

ここはモンブラン専門店といっていいほどで、かなり甘いですが他にはないおいしいモンブランが食べられます。

パリ本店はルーブル美術館のまん前というすばらしい立地にあります。さすが老舗。

前回来た時も来店し、そのときはクラブサンドとモンブラン、そしてショコラショーをいただきました。

今回もお昼を兼ねていましたので、ランチセットとモンブランを注文しました。

モンブランだけでなく、ご飯を食べている方も多かったです。

日本ではおおむねモンブランしか食べられませんので、パリにきたら是非寄りたいお店です。

エルメス パリ本店へ行く

今回の旅行での目的のひとつであるエルメスに行きました。

エルメスは前回のパリ旅行でも来たのですが、そのときは何も買ってあげられず後悔していたポイントでもあります。

しかし、結果を先に言うと今回もエルメスで買うことは叶いませんでした…

というのもエルメス入店…かなりの混雑。ほとんど中国人でした。

お店のものを見るためには列に並ぶ必要があり、その列が全く動きません。

1時間並びましたが結局全く進むことがなく、話を聞いてもらうこともできませんでした。

もしエルメスに行く予定の方は1日予定を空けて行かれることをおすすめします。

ホテルで前日打ち合わせ

16時から打ち合わせの予定でしたが、エルメスが諦められず17時に延ばしてもらいました(結局買えませんでしたが)。

ホテルに戻り、プランナーの方とヘアメイクの方の2人に初対面。

電話とメールでのやり取りは何回もさせてもらいましたが、お会いするのは初めてです。やっと安心というか騙されてない本当の出来事だと認識できました(笑)

前日打ち合わせは、明日の挙式の大まかな流れの説明でした。

事前のメールでの打ち合わせがだいぶギリギリまで難航していたことと、決め切れていないことがあったので前日決まったことも多いです。

挙式後のフォトツアーも大まかな撮影場所は伝えていたのですが、パリを歩いている内に撮りたいところが増えてしまってそのことも伝えました。

そうすると予定している2時間のツアーでは回れないということになり、急遽1時間延ばすことになりました。

当然追加料金なのですが、本来かかるべき費用よりとても低いほぼ実費分だけの追加でお願いすることができました。

必要なものを買い揃える

挙式に必要なほぼ全てのものは日本から持ってきていましたが、フォトツアーのときに必要なマカロンだけは現地で調達しなければなりませんでした。

箱いっぱいのマカロンを抱えた写真を撮りたいので、本当なら全部ラデュレのマカロンが理想ですが、それだと高価すぎて無理なので安価なマカロンを探します。

一番上は本物にするためラデュレのマカロンもそれなりの個数購入しました。

DSC00801

超有名なラデュレ・シャンゼリゼ通り店の前で。

けっこうレストラン側も並んでいて、人がいないすきを狙って撮るのが難しいほどでした。

DSC00775

店員のイケメンさんと(笑)

ME?って言われたのが、印象的でした。

その他はMONOPLEXという有名なスーパーで冷凍マカロンを購入しました。冷凍ですがけっこうおいしいし、

見た目もきれいなマカロンです。

本番はこれを下に敷き詰めてマカロンの小道具を作成しようと思います♪

これにて準備は完了。あとは明日の挙式に備えてゆっくり休養あるのみです。
がめ

 - パリ挙式, ヨーロッパ ハネムーン